KINUJO リブランディング

株式会社KINUJO 様 [IDA福岡]

本来持つブランド価値が視覚的に伝わるための”美容家電ブランド”リブランディング

プロジェクト概要

ヘアアイロン、ヘアドライヤーを中心にあらゆる方の"美を彩る“株式会社KINUJO様。
プロダクトの知名度が上がってきた一方で、ブランド全体としての価値をどの接点からも感じてもらいたいという想いから、プロダクトブランドとしてのKINUJOを見つめ直し、正しい価値が伝わる状態にリブランディング。
あらゆるツールに展開しても正しくユーザーとコミュニケーションが取れる基盤を構築することが出来ました。

1番露出の多い、家電量販店の店頭を見越したブランド体験の創造

本プロジェクトは、「ブランドイメージの統一により、KINUJOの価値をユーザーに届ける」という目的で始まりました。
トップ・メンバーの皆さんへのヒアリングから始まり、3C分析やユーザー設計など、ブランドが目指す方向性の模索をしていきました。
競合分析では機能や商品の価格帯、コンセプト、ポジショニング分析はもちろん、露出が高まる店頭什器のブランドイメージとメッセージの比較検討を行い、どのようなコミニュケーションが最適なブランド戦略かを検討し、ブランドの再設計を行いました。

3C(SWOT)分析
ユーザー分析
ブランドコンセプト
ブランドピラミッド

“シルク”という、元々の最大価値を改めて磨きこむ

元々KINUJO様が提供価値として持っていた、「シルク」をテーマに“シルクのような艶やかな髪を実現できる”ことをより磨き込み、コミュニケーションすることをブランド戦略としました。

また、ブランド価値がブレることなく伝わるように、ブランド価値の体系化から、トーン&マナーの設計までを行ない、KINUJO様の社内でも運用しやすいようにガイドライン化しました。

トーン&マナー
トーン&マナー
ブランドイメージ

あらゆる場に展開されるイメージとカラー

KINUJOブランドの認知と確立を目指し、最大のブランド価値をキービジュアルとして構築しました。強く記憶に残り、かつブランド体験を想像できるイメージへ「シルク」をモチーフにし制作を行いました。
「シルク」をイメージとして使うと古臭くなってしまったり、上質感を損ねてしまうという懸念があった中、それを払拭するため、質感のあるシルクイメージと、動きにこだわり制作しました。

店頭で目に留まり、ブランド共感を促進する店頭什器

ヘアアイロン什器
ヘアドライヤー什器

手に取りたくなるような上質感で商品価値を訴求するパンフレット

あらゆるツール制作を行う上で、全体のカラー管理を厳密に行なっています。例えばパール調の用紙に印刷する際、光を照らす際など、あらゆるシチュエーションを想定し、それぞれの媒体でブレないように色指定を行ないました。KINUJO様社内でも、ブランドを扱う方が複数いるため、統一したブランド発信をするためのガイドラインを制定し活用していただいています。

Summary

総括

新しいブランドスタートを切った「リブランディングプロジェクト」。 KINUJO様社内、各家電量販店からもご好評の声をいただき、順次導入店舗を拡大しています。 認知がどれだけ高まっているかや、各店舗の導入状況を細かく確認し、改善サイクルを回しています。

Project Member

デザインディレクター Terue Akiyama(福岡)
デザインコンサルタント Shun Matsuda(福岡)
デザイナー Maiko Uemura(岡山)
デザイナー Saki Okumura(大阪)
デザイナー Yuka Ichikawa(岡山)
コピーライター Haruka Koresawa(岡山)

当サイトではみなさまに適した情報・サービスをご提供するために、プライバシーポリシーに基づいてCookieを利用しています。Cookieを通じて収集した行動履歴と個人情報を関連付ける場合があります。当サイトの閲覧を継続する場合はCookieへの同意をお願いいたします。

【前回大人気セミナー!アンコール開催!】デザインに関わる方なら知っておきたい 「色」の特性と活かし方

自社の商品・サービスの「デザイン制作」で活きる! アイディーエイのデザイン制作事例から、デザイン表現のコツを学ぶセミナー 販促プロモーションツールデザイン編