Consulting × Design

コンサルティング × デザイン

CONSULTING × DESIGN

デザインを経営に活かせる組織へ。
実践につながるコンサルティング×デザインで、
未来への「推進力と羅針盤」を組織に取り入れます。

多様に変化する社会の中で、
コミュニケーションを円滑にして、新しい発想で未来を切り開く「デザイン」の価値が高まっています。

一方でデザインをビジネスや組織作りと掛け合わせ、企業の推進力にできている会社が少ないことも事実です。

アイディーエイには、40年以上のデザイン組織経営で培った「成功や失敗の実体験」に基づいたノウハウがあります。

ビジネス課題を解決するアイデア、イノベーションを生み出す発想、
ビジョンや想い・魅力や価値を一貫したメッセージで発信するコンセプト設計やアウトプット手法など、
「デザインを組織へ定着」させるコンサルティングを提供することができます。

ブランドを管理するブランドマネージャー、デザイナー、商品企画担当、マーケッターの方へ、
デザインに関わるあらゆる人材の「デザイン教育」と「実践につながる経験」を、
セミナーやワークショップを通してご提供します。

01

デザインノウハウ
企画アイデアサポート

メーカーの方対象

商品企画 / マーケティング / インハウスデザイナー

商品企画・アイデア創出を仕組み化し、
自社の価値基準「ものさし」をつくる

「良い商品を作っているのに売れない」「商品企画が場当たりで売れない」など、商品企画に対するお悩みをデザイン思考、アイデア発想法、右脳と左脳の使い方、デザインの判断など、アイディーエイが実践しているデザインノウハウで解決します。

売れている商品や、支持されるコンテンツ・アイデアには理由があります。体験型セミナーやワークショップを通じて、「良い商品とは何か」「良いデザインとは何か」を紐解き、ユーザーに選ばれる商品企画が組織に根付く仕組み化をサポートします。

Project

事例紹介

自社商品を題材に、価値を判断する自社の独自システムを構築

東洋アルミエコープロダクツ株式会社 様

参加者:9名

デザインの考え方や情報収集・分析手法、コンセプトの作り方、アイデア発想法など、体験を通してデザインを判断する基準やオリエンテーションシートを作成し、運用する仕組みを構築しました。

自社のブランド価値を広げるための商品企画

有限会社おりた園 様

参加者:4名

自社のブランディングをきっかけに、ブランド価値を高め、認知してもらうための商品構成・具体的な商品企画を主要メンバーと行いました。

短期利益獲得のために、既存の技術と人材を活かした新たな仕組みづくり

株式会社寿福産業 様

参加者:20名

現状把握・分析から導き出した現在の経営資源である人材と工場から新しい販路の開拓として物販事業を行えるように商品企画・デザイン・販売方法までトータルサポートをしました。

02

デザイナーの教育
評価システムの構築

デザイナーの方対象

デザイナー/ディレクター/インハウスデザイナー

デザイナーが成長し続ける仕組みをつくり
企業の価値を高める

デザイナーが成長し続けるために必要なことは、具体的なデザイナー教育・評価の仕組み化です。
デザイナーの職域の言語化、必要な考え方、スキル、売上などを数値化し、「測定できる」ようにすることで、「目指す姿」「得意なこと」「現在の課題・対策」が明確になります。
ステップアップの道筋が見えることで、デザイナーが自ら考える力、経営への参画、成長意欲が育ち、企業価値を高めることにつながります。

Project

事例紹介

デザイナーの課題と目標を見える化し、デザイン組織体制の土台をつくる

株式会社イセトー 様

参加者:12名

デザイン部の個人資質と特性を数値化した上で、デザインレベルを測定し、組織体制強化に伴う意識改革と評価システムを構築していきました。

ディレクターの企画提案力・ディレクション力を強化し、提案力のある組織へ

丸東産業株式会社 様

参加者:14名

ディレクション、マーケティングのノウハウ活用方法、ヒアリングRPG、企画提案ノウハウを実践形式で習得し、提案の質を高めました。

デザインを武器とした組織づくりで他社との差別化を図る

株式会社四ヶ所 様

参加者:6名

定期的にクライアントに提案できるデザインノウハウの習得と合わせて、デザイナーの評価を数値化し、持続的に成長できるデザイン組織づくりをしました。

03

営業支援
サービス開発支援

営業の方対象

企画営業/法人営業/新規営業/営業マネージャー

デザインノウハウを営業戦略に取り入れ
成果が見える体制を構築する

デザインノウハウはデザイナーだけのものではありません。商品やサービスを直接クライアントに提案する営業こそ身につけるノウハウです。営業がデザインノウハウを身につけることで、営業戦略や売上目標、KPIなど営業活動全体が見える化され、全営業で共通の認識になります。

営業トークや営業ツールに一貫性が出ることで、企業や商品・サービスの強みや魅力が伝わり、共感が生まれます。結果として「成果が見える体制づくり」につながり、持続的な成果となります。

Project

事例紹介

福岡営業所単体での利益創出のための組織体制と人材育成の仕組みづくり

株式会社マツモト 様

参加者:11名

利益計画書の作成からスタートし、経営の管理体制と企画・デザイン受注のための営業体制の構築、デザインノウハウ、提案力・アイデアの強化を図りました。

デザイン経営の推進で企業ブランド価値の最大化へ

株式会社滝沢印刷 様

参加者:30名

経営者・営業部・デザイン部を中心に、デザインの考え方や営業戦略にデザインノウハウを取り入れた提案スタイルで、ブランド価値の最大化を実践しました。

新たな売上構築のために、新サービスのビジネスモデルを構築

株式会社新和製作所 様

参加者:8名

デザイン思考を最大限に活用し、既存サービスとは異なる新しいサービスの開発、利益創出のためのビジネスモデル構築を行いました。

Mission

私たちのミッション

デザインを経営資源として企業や社会に提供し貢献する

デザインの活用による円滑なコミュニケーション促進は、経営資源である「人、もの、金、情報、時間」の好循環と持続的な成長を推進します。デザインを行う組織として構築してきたアイディーエイのノウハウが、経営で生じる課題を解決しつづける企業体質づくりに活かせると信じ、デザインの価値を世の中に広げていきます。

Consulting × DESIGN

コンサルティング×デザインの特徴

結果にこだわる解決策の「ご提案」と
お客様と伴走する「実行」を一緒に行います。

企業が抱える問題に対して解決策・戦略提案を行うだけでなく、結果に向けた実行まで現場で一緒に伴走します。

「戦略設計(広義のデザイン)」と「見える化(狭義のビジュアルデザイン)」を駆使し、プロジェクトの中心メンバーと企業全体のコミュニケーションをしっかりと図りながら、組織とメンバーの同時成長を後押しする点が特徴的な、地に足のついたコンサルティングを実践しています。

※最終的にお客様自身がノウハウを習得し、自走できるよう仕組み化します。

Difference

一般的なコンサルティングとの違い

一般的なコンサルティング

経営層のブレーンとして精緻な戦略を立て、提案することを得意としています。企業での実行段階で、難航する場合があります。

アイディーエイのコンサルティング×デザイン

戦略を提案し現場で一緒に実行します。結果の有無に関わらず、改善策や次の挑戦をメンバーとともに考え実行し続けます。

私たちアイディーエイ自身が実際のデザイン現場で培ってきたノウハウと、現在進行系で実践している最新の知見提供をメインに、「成功や失敗の実体験」をもとにしたコンサルティングが提供できます。

「コンサルティング×デザイン」は、共有のコミュニケーション精度とスピードを高めます。戦略設計して実行した結果を「見える化」して、改善を繰り返すことで結果に繋げます。

Message

ビジョン・戦略をビジュアルで描く。
一人ひとりが納得し、成長が加速する。
生まれるエネルギーが仕事の質を高め、結果を引き寄せる。

新しいことに取り組むことや、
会社を次のステージに上げることは、
組織が大きいほどエネルギーが必要だ。
綺麗に描いた戦略が、実行で足踏みしてしまう苦い経験をした会社も少なくない。

習慣化した殻を破るためのあと少しのエネルギー。
一歩目の踏み出し方。一緒に走りだす仲間。
足りないのは、実はちょっとしたきっかけだったりするものだ。

デザインは一人ひとりの「想いの火」を引き出し、
集めて伝播させ、「大きな火」に変える力がある。
会社のビジョン・戦略の見える化で、一本のコピーで、
組織全体の共感を生み出し、日々の仕事に変化を起こす。

デザイン思考で、ものの見方が変わり、新しい発想が生まれる。
会社や仕事への期待感が、実務の質を高め、結果を引き寄せる体質ができる。

デザイナーだけではなく、組織のあらゆる人がデザイン思考を身につけることが
企業価値を高める助けにつながると、私たちは信じている。

当サイトではみなさまに適した情報・サービスをご提供するために、プライバシーポリシーに基づいてCookieを利用しています。Cookieを通じて収集した行動履歴と個人情報を関連付ける場合があります。当サイトの閲覧を継続する場合はCookieへの同意をお願いいたします。

ひとの「心理」と「習性」をデザインに活用する方法

具体事例から知る! 新事業ブランドのつくりかた Vol.3