菅公学生服 採用ブランディング

菅公学生服株式会社 様 [IDA岡山]

変わりゆく事業戦略と人財要件をマッチングさせる採用ブランディング

プロジェクト概要

岡山県岡山市に本社を構える学生服メーカーの菅公学生服様。学生服や体操服のものづくりに加え、先生や子どもたちの未来を応援する「教育ソリューション事業」も展開されています。その中で企業全体としての働き方や教育方針、求める人財像も変化してきていました。これからの事業展開に本当にマッチする人財要件とその方々に共感してもらえる魅力をコンセプトやWebサイト上に構築し、コミュニケーションの促進を狙うプロジェクト。

採用活動・人財開発の強化から、事業の成長を後押しする

学生服メーカーの中ではトップクラスのシェア率を誇る菅公学生服様ですが、商品(もの)だけでなく、サービス(こと)を提供する必要性も高まっていることから、事業自体も大きく変革をしていました。社内でも教育方針が変化している状況の中、これから「どんな人財を採用することが事業の成長につながるのか」と、事業ビジョンと連動した求める人財要件の整理からプロジェクトはスタートしました。

あらゆる場から徹底的に事業を理解する

事業にマッチした人財要件を整理するために、まずはヒアリングや資料の読み込みなど、徹底的に事業内容や目指す姿、市場背景をインプットしました。また、同時にそこから見える菅公学生服様の魅力や価値も抽出し、採用におけるブランド価値として整理しました。

実施したタイミングが新型コロナウイルスの影響で直接のご訪問が難しかったこともあり、すべてのプログラムをオンラインで実施しました。菅公学生服様でもちょうど新入社員研修が行われていたこともあり、新入社員のみなさまにもお時間をいただき、ワークショップ形式で入社動機やその後のギャップ、惹かれたポイントなどをヒアリングさせていただきました。

プロジェクト開始時のヒアリング
各事業の理解
オンラインでのヒアリングワークショップ

これからの事業戦略と人財要件を連動させる

これからの事業として、教育ソリューションに始まる「人づくり」事業を成長させていく事業戦略・ビジョンを掲げられていました。反面、事業の根幹を支えているのはユニフォームづくりであるため、既存の社員とのギャップを生まないように、どこまで人財要件を尖らせていくのか、打ち合わせのもと丁寧に検証していきました。

人財要件を明確にするワークショップから抽出した要素をカテゴリごとにまとめ、優先順位を整理しながら、どの要素をコンセプトへ反映させていくのかを議論していきました。

方向性をいくつかに絞り、コンセプトと合わせて検証していきました。人財要件とコンセプトを並行して検証することで、メッセージに込める意味をメンバーで共通認識化することができました。

未来(こども)のために一歩踏み出す人財へのメッセージ

人財要件とともにコンセプトを検討し、採用対象者の方々が求めるかたちにアウトプットしていきました。「未来(こども)のために、一歩を踏み出していく人財」と、菅公学生服様でも大切にされている「先駆者の精神」という言葉をつかうことでカルチャーが含まれた独自性のあるコンセプトになりました。

採用対象者へ送るメッセージとしてコンセプトコピーを作成し、採用サイトのTOPページに掲載しました。言葉一つひとつから、菅公学生服様の魅力や伝えたい想いがくみ取れるように検証していきました。

採用サイトという「場」でより魅力が伝わるようにデザインする

本プロジェクトでは、採用サイトが最終的にアウトプットされる場だったので、コンセプトやキービジュアルもWebサイトに落とし込むことを想定しながら設計しました。
特に「デザイン・コピー・コンテンツの連動」でサイトの隅々から菅公学生服様の魅力が伝わるよう、体験とコンテンツを企画しました。

Webサイトの全体戦略
サイト構成の検討

特に「OPEN! KANKO」という記事コンテンツが重要な役割を果たしています。菅公学生服様で日々更新いただくことで、ユーザーには何度もサイトを訪れてもらい、採用対象者との接点を増やすことを目的としました。

インタビュー記事や社内の風土など、「人」を通して会社が大切にしていることを発信することで会社の雰囲気、事業内容まで興味を持って見ていただけるコンテンツになりました。

数値で伝えたい情報や、充実した研修内容については、直感的に理解してもらえるようにイラストを活用しました。
また、サイトに合わせて撮影した実際の写真を多くいれることで、菅公学生服様の「人の魅力」が社員を通して伝わるようになりました。

OPEN!KANKOインタビューページ

求める人物像
数字で見るカンコー

研修内容の紹介

Voice

お客様の声

採用活動の中でも「メッセージに共感しました」、「デザインがスタイリッシュでおしゃれで好きです!」などと好評の言葉をいただきすごく嬉しかったです。来期の取り組みもこれから検討し取り組んでいければと思います。

菅公学生服株式会社 人材開発課
修行 啓輔様

Summary

総括

現在変革中である事業と、その中で必要になる人財像をマッチさせるために、お打ち合わせ・すり合わせの場を多く設け、関わっていただいた菅公学生服様のみなさまが納得できるコンセプトとWebサイトができました。 これから採用活動を通して出る結果を検証し、次期以降さらに飛躍できる採用活動をサポートしていきます。

Project Member

デザインディレクター Kumiko Takeuchi(岡山) / Kansuke Yukawa (大阪)
デザイナー Satomi Kurokawa (岡山) / Miho Morimoto(岡山)
コピーライター Haruka Koresawa(岡山)/ Kansuke Yukawa(大阪)
アカウントプランナー Megumi Kajifusa(岡山)/ Shun Matsuda(岡山)

当サイトではみなさまに適した情報・サービスをご提供するために、プライバシーポリシーに基づいてCookieを利用しています。Cookieを通じて収集した行動履歴と個人情報を関連付ける場合があります。当サイトの閲覧を継続する場合はCookieへの同意をお願いいたします。

「求める人財」と自社をマッチさせる、「採用ブランディング」のはじめ方

パッケージデザインのデザイナーが話す クオリティを一段高めるポイント

業績につなげるための インナーブランディング実践方法