arune(アルネ)事業ブランディング

株式会社ファミリー 様 [IDA福岡]

マンション事業の経験を活かした戸建住宅事業ブランドの立ち上げ

プロジェクト概要

福岡県福岡市に本社を構える総合不動産業の株式会社ファミリー様。マンション事業を中心に20年以上の実績がある中、新しく戸建住宅事業の立ち上げを検討されていました。本プロジェクトでは現状把握・各種分析から企業が持っている強みを抽出し、ブランドコンセプト設計、ネーミング、ロゴマーク、Web、パンフレットなどトータルでサポートいたしました。

事業ブランドの役割と目指すビジョンを可視化する。

プロジェクトの1番最初の取り組みとして、会社のトップ、事業のキーマンの方々にヒアリングを行い、ブランドの夢やビジョンを可視化し、メンバーで目指す方向を共通認識にすることからスタートしていきました。販売棟数やエリアなどの販売戦略だけではなく、ブランドとして目指す方向を定めることで、構築する過程での判断基準にもなりました。

コンセプトやブランドイメージの構築では、いくつもの案から「一番価値が伝わる要素」を何度となく重ねたミーティングで議論し、メンバーのみなさまそれぞれが納得するまですり合わせを行っていきました。
ブランド構築と並行して行っていただいていた戸建住宅にも足を運び、撮影を行うなど、アイディーエイのメンバーもaruneブランドに触れながらイメージやツールを制作していきました。

最大の価値は「本当に実現したい暮らし」を提供することで生まれる「家族の笑顔」

事業立ち上げに際し、ヒアリングした内容や3C・STPの観点から分析を行っていきました。その中で、この戸建て事業ブランドの最大の価値は他社よりも「快適に暮らせる家づくりにこだわること」から「家族の笑顔」が生まれることでした。そこからタグラインには「笑顔があるね」、ブランド名をarune(アルネ)と名付け、福岡の戸建住宅事業ブランドをスタートしました。

ブランドの「らしさ」を保ちつつ、ユーザーに届き、記憶に留まりやすいブランドイメージを構築

メインカラーは黄色で販売時に目立ち、ユーザーの印象に残るように設計しました。また、どのような接点でaruneに触れてもブランド価値がぶれなく伝わることを意識しブランドイメージを構築しました。「快適な暮らしを提供する」というブランドの価値から上質感のあるブランドイメージを保てるように各ツールに展開していきました。

住宅販促ツール
ブランドツール一式
のぼり

Summary

総括

商品になる家の構造や規格なども手探りな中、どうすればユーザーに他社との違いが伝わるかを事業のトップから販売に携わる営業の方まで全員で考え、ブランドを育てていきました。エンドユーザー様からも「何件も見学に行ったけど、最終的に記憶に残ったのがaruneだった」と初年度から選ばれるブランドへ成長させることができました。販売計画も増えていく中、営業・販売戦略も充実させ、さらなる飛躍を目指している。

Project Member

デザインディレクター Terue Akiyama (福岡)
デザイナー Juri Inoue (大阪) / Katsumi Yamaguchi (東京) / Sayaka Watase(岡山)/ Chiharu Kozuma(岡山)
デザインコンサルタント Yuki Goto (福岡)
アカウントプランナー Shun Matsuda (福岡)

当サイトではみなさまに適した情報・サービスをご提供するために、プライバシーポリシーに基づいてCookieを利用しています。Cookieを通じて収集した行動履歴と個人情報を関連付ける場合があります。当サイトの閲覧を継続する場合はCookieへの同意をお願いいたします。

「求める人財」と自社をマッチさせる、「採用ブランディング」のはじめ方

パッケージデザインのデザイナーが話す クオリティを一段高めるポイント

業績につなげるための インナーブランディング実践方法