Goodna(グッドナ)ブランディング

ブランディング/CI

株式会社アール 様 [IDA大阪]

株式会社アール様の高いアイデア力を活かした、こだわりの使い心地とデザインで家事シーンのお悩みを解決する新習慣ブランド”Goodna(グッドナ)”の立ち上げ

プロジェクト概要

日用品雑貨の企画、製造及び販売を行う株式会社アール様。高いアイデア力やスピーディーな商品開発力を強みに年間たくさんのアイデア商品を販売している中で、長く愛されるブランドを作っていきたいということで、「新商品ブランド」をアール様の旗艦ブランドとして独自の価値を構築、発信するためにブランディングをサポートいたしました。

長く愛され続ける旗艦ブランドの立ち上げ

プロジェクトの最初の取り組みとして、プロジェクトメンバーである商品企画の方から営業の方までヒアリングを行い、自社の強みや新ブランドの夢やビジョンをお聴きいたしました。そしてSWOT分析・クロスSWOT分析からアール様の強みを活かした新ブランドの方向性を模索し、日用雑貨という競合商品の多い市場の中で、どんなお客様にどう選んでいただくか、またそのために必要なデザインは何か?をプロジェクトメンバーでディスカッションしながら新ブランドの在り方や方向性を定めていきました。

新ブランドグライドパスを整理
SWOT分析で新ブランドの方向性を整理

ユーザーの「欲しい」が集まって生まれたブランドの強みを体現する

コンセプト「くらしをきらり」 ”やらないといけない作業”になってしまいがちな家事を「グッドナのおかげで時間を有効に使える!」「グッドナの商品を使いたいから家事をしよう!」へ、グッドなルーティンに変える。Goodna(グッドナ)はそんな新習慣を提供するブランドとして立ち上がりました。

お家のインテリアに馴染むオシャレさと、かつ店頭で気になって 意味を知ればさらに好きになるデザイン

ブランドネーム「Goodna(グッドナ)」のロゴでは、 家事ルーティンに「きらり」と光るアイデアを 提供するブランドアイデンティティをシンボル化しました。 クロスする緩やかな曲線で家事ルーティンを、 そのスキマの輝きモチーフで光るアイデアを表現しました。 光るアイデアで家事のお悩みを解決し、 日々の名もなき家事たちを前向きに楽しく「きらり」とさせること。また、輝きを積み重ねることで、ときめくグッドなルーティンへ上昇させていくようなイメージも表しています。 グリーンカラーは、自然やインテリアとの「調和」や、 日々のお悩みを解決できる「安心感」を表現しています。

たくさんのユーザーに届くよう、今後の商品展開に合わせた施策提案でブランドの成長を引き続きサポートしてまいります。

Project Member

デザインディレクター Yukie Omori(大阪)
デザイナー Hitomi Tejima(東京)/ Hyuga Kaizu(大阪)
アカウントプランナー Satoru Kobayashi(大阪) / Akihito Fujiwara(大阪) / Mana Yamakita(大阪)

当サイトではみなさまに適した情報・サービスをご提供するために、プライバシーポリシーに基づいてCookieを利用しています。Cookieを通じて収集した行動履歴と個人情報を関連付ける場合があります。当サイトの閲覧を継続する場合はCookieへの同意をお願いいたします。

お問い合わせ

企業や事業のブランディングを進めるための第一歩! 〜MVVの役割と大切なポイント〜