SHE-KIMONO ブランディング

商品・サービスブランディング

福岡研明社 様 [IDA福岡]

日本の伝統美を後世へ伝え再生させる、和雑貨ブランド

プロジェクト概要

福岡県福岡市に本社を置き、医療機器の専門商社を生業とされている福岡研明社様が新事業としてSHE-KIMONOブランドを立ち上げました。SHE-KIMONOブランドは、1点1点柄取りが異なる、本物の着物や帯の生地を元につくられたコースター形状の小物商品です。将来的に海外での販売を視野に入れ、まずは国内販売実績をつくるため、新事業ブランディングを実施しました。販路開拓を念頭に、各種分析からユーザー設計、ブランドコンセプト開発、ブランドイメージ作成、店頭ツール作成までトータルでサポートしました。

「着物の美しさ」と「ものを大事にする日本人の感性」を伝える

商品の最大の特徴である「着物の美しさ」と「かつて着物を仕立直しながら繰り返し使ったきたものを大事にする日本人の感性」を丁寧に伝えていくことを大切にしました。 課題であった「使い方がわかりにくい」点を解消するため、ブランド名である「しきもの」とかけ、様々な使い方を想起させる言葉を盛り込みました。
「敷きもの」:コースターとして、花器として
「四季もの」:着物の柄(花や生き物など)から日本の四季を感じさせるディスプレイ・テーブルコーディネートとして
「式もの」:人生の節目のセレモニーを彩る/結婚式のテーブルコーディネート、お食い初めに、還暦お祝いの席に

敷きもの
四季もの
式もの

日本らしさやアイデア次第で広がる使い方をわかりやすく訴求

ブランドイメージのベースとなるキービジュアルは日の丸をモチーフにして日本らしさを押し出し、日本人だけでなく海外の方にも訴求できるようにデザインしました。日の丸の赤のなかには実際の商品で使われる本物の振り袖を撮影してビジュアルに落とし込んでいます。 パッケージ台紙は購入した方にコンセプトや使い方がわかるように、ブランドブックとして読んでいただけるものを制作しました。

ブランドイメージ
商品パッケージと台紙
ブランドLPサイト

Project Member

デザインディレクター Terue Akiyama(福岡)
デザイナー Yukie Omori (大阪) / Saki Okumura (大阪) / Satomi Kurokawa(岡山)
フォトグラファー Yoshie Akagi (岡山)
デザインコンサルタント Yuki Goto (福岡)
アカウントプランナー Saki Kanegawa (福岡)

当サイトではみなさまに適した情報・サービスをご提供するために、プライバシーポリシーに基づいてCookieを利用しています。Cookieを通じて収集した行動履歴と個人情報を関連付ける場合があります。当サイトの閲覧を継続する場合はCookieへの同意をお願いいたします。

「求める人財」と自社をマッチさせる、「採用ブランディング」のはじめ方

パッケージデザインのデザイナーが話す クオリティを一段高めるポイント

業績につなげるための インナーブランディング実践方法