天山ぶどう 商品ブランディング

商品・サービスブランディング

野上ぶどう園 様 [IDA岡山]

日本一大きい、一房10万円の天山ぶどうの商品ブランディング

プロジェクト概要

岡山の野上ぶどう園で栽培されている、1粒30gの最大級の 「天山ぶどう」。 市場にはほとんど出回らない幻の品種のぶどうで、栽培をはじめて14年目でようやく販売できる品質の物ができ上がりました。 「野上ぶどう園の挑戦」をコンセプ卜に、1房15,000円の天山ぶどうの品質を訴求するために白を基調とし、 高級感とインパクトのあるブランドロゴ、パッケージデザインやパンフレットなどの販促物をデザインしました。 企画書作成や営業サポートも行い、「野上ぶどう園の天山ぶどう」をトータルでブランディングしました。 2015年に京急百貨店外商販売・店頭販売を実施し、完売しました。

魅力にせまり「天山ぶどうらしさ」を際立たせる

野上様より、「今の日本の農家は、おいしい、安全、安いのがよいという風潮がある。このままでは、農家は衰退すると感じました。誰も作ったことのない天山ぶどうを栽培し販売することで農業の活性化につなげていきたい。」
その想いを実現すべく、天山ぶどうのブランディングプロジェクトがスタートしました。

天山ぶどうを収穫する野上様
天山ぶどうのロゴデザイン

百貨店さまのご協力で、注文販売と店頭販売を実現し、店頭販売では見事完売に至りました。
直接お客さまに接し、天山ぶどうについての率直な感想や意見をたくさん聞くことができました。
「正直、1粒500円のぶどうが売れると思っていなかった。」百貨店の方にも驚かれました。

Project Member

デザインディレクター Sayaka Watase(岡山)
アカウントプランナー Saki Kanegawa (福岡)

当サイトではみなさまに適した情報・サービスをご提供するために、プライバシーポリシーに基づいてCookieを利用しています。Cookieを通じて収集した行動履歴と個人情報を関連付ける場合があります。当サイトの閲覧を継続する場合はCookieへの同意をお願いいたします。

「求める人財」と自社をマッチさせる、「採用ブランディング」のはじめ方

パッケージデザインのデザイナーが話す クオリティを一段高めるポイント

業績につなげるための インナーブランディング実践方法