美実PLUS 菓子パッケージデザイン

食品・菓子・飲料パッケージデザイン

株式会社福楽得 様 [IDA東京]

売れ続けるブランドの世界観を再構築したパッケージデザイン

プロジェクト概要

今ではコンビニエンスストアなどで棚として定着した小腹満たしの小袋菓子の先駆けとも言える美実PLUSシリーズのパッケージデザインです。

クライアントの福楽得様は元々珍味カテゴリーをメインに商品展開をしていましたが、売上が落ちてきていた中、お菓子カテゴリーで新たな売上を作るべく、試行錯誤の末に完成したのが「美実PLUS」でした。

リニューアル前のパッケージデザインは店頭での商品の識別性・視認性を担保するため、製品シズルをしっかりと見せるための白い背景、アイテムカラーの看板と上下帯、フレーバーのイラストというシンプルな構成でした。発売後数年経ち、業界も成熟し競合商品が増えてきたため、改めて商品のブランド戦略の見直しを図ることとなりました。
「自然の実りに美味しさをPLUS」(=美実PLUS)というコンセプトを、リスのキャラクターを用いて美実の森という世界観を作り出しました。

パッケージデザインに反映するだけでなく、Webデザインにも展開することによってブランド体験の場を広げ、競合と差別化し、店頭で比較して買ってもらえるように美実PLUSファンの育成を目指しました。

その後、リスのキャラクターがブランドの広告塔として効果的にターゲット層に働きかけており、ブランドサイト上での離脱率も改善しました。
リスのキャラクターは新フレーバーごとにイラストが変わり、店頭を賑やかに彩ってくれます。

Project Member

デザインディレクター Yusuke Taneichi(東京)
アカウントプランナー Nozomi Kishimoto(東京)

当サイトではみなさまに適した情報・サービスをご提供するために、プライバシーポリシーに基づいてCookieを利用しています。Cookieを通じて収集した行動履歴と個人情報を関連付ける場合があります。当サイトの閲覧を継続する場合はCookieへの同意をお願いいたします。

「求める人財」と自社をマッチさせる、「採用ブランディング」のはじめ方

パッケージデザインのデザイナーが話す クオリティを一段高めるポイント

業績につなげるための インナーブランディング実践方法