さしすせそ 調味料パッケージデザイン

食品・菓子・飲料パッケージデザイン

株式会社中央軒煎餅 様 [IDA東京]

量販店の贈答品市場をターゲットにした新ブランド開発

プロジェクト概要

中央軒煎餅様の新ブランド「さしすせそ+」の市場導入の戦略整理からブランド開発・パッケージデザインまでを担当しました。

誰もが知っている日本の基本調味料「砂糖・塩・酢・醤油・味噌」にひと工夫を加え、何だろうと思わせる楽しさ、試してみたくなる味、誰かに話したくなる、贈りたくなる、そんな楽しさをプラスしたブランドに。
贈答品としては避けれられがちな「青緑」という寒色・中間色で、コンセプトの新しさをパッケージデザインで表現しました。

実際の店頭では、他社にはない登場感と混雑した店頭でも目を引くブランドになりました。
「和」の色でも古典的になりすぎない明るい色を選択することで、幅広いターゲット層の獲得を目指していきました。2016年11月に発売して、徐々に導入店舗を拡大しています。

Project Member

デザインディレクター Aine Inoko (東京)
デザインコンサルタント Ryu Inoue (東京)

当サイトではみなさまに適した情報・サービスをご提供するために、プライバシーポリシーに基づいてCookieを利用しています。Cookieを通じて収集した行動履歴と個人情報を関連付ける場合があります。当サイトの閲覧を継続する場合はCookieへの同意をお願いいたします。

「求める人財」と自社をマッチさせる、「採用ブランディング」のはじめ方

パッケージデザインのデザイナーが話す クオリティを一段高めるポイント

業績につなげるための インナーブランディング実践方法