ブランドサイトとは?つくる目的や役割・作成の手順を解説!

ブランドサイトとは、企業が商品やサービスの特徴や魅力を広く認知してもらうために設置するWebサイトのことです。自社ブランドに合ったコンセプトやストーリーを掲載できれば、商品やサービスの魅力を伝えることはもちろん、ブランドの認知度向上、他社との差別化につなげられます。

当記事では、ブランドサイトをつくる目的や役割、サイトを構築する手順・ポイントを解説します。ブランドサイトを通して自社の魅力を伝えたい方は、ぜひ参考にしてください。

無料で資料ダウンロード

1. ブランドサイトとは?

ブランドサイトとは、企業が自社製品やサービスの特徴や魅力を伝えるために用意するWebサイトのことです。製品やサービスの価値を消費者に知ってもらう重要なツールとして機能します。

ここでは、企業がブランドサイトをつくる目的や主な役割について解説します。

1-1. ブランドサイトをつくる目的

企業がブランドサイトをつくる目的はさまざまです。ここでは、主な目的を紹介します。

ブランドの認知度向上を図る目的

販売促進も、ブランドサイト作成の大きな目的です。商品やサービスを紹介しているページにECサイトのリンクを貼っておけば、興味を持ったユーザーが遷移して商品やサービスを購入する可能性があります。実店舗の情報を掲載するのも、マーケティング上の効果が期待できるでしょう。ただし、スムーズに購入につなげるためには適切な導線の設定が必要です。

・販売を促進する目的

ECサイトは、オンラインで商品やサービスを購入できるサイトです。サイト内に決済システムが整っていることが特徴です。
ECサイトは、企業イメージや信頼性を重視するコーポレートサイトよりもデザインの自由度が高い傾向があります。ブランドイメージや対象ユーザーに合わせたデザインで制作されることが多いでしょう。

商品やサービスの価値を提示する目的

ブランドサイトでは、商品やサービスのスペックやサイズ、価格といった基本情報だけでなく、価値や魅力も併せて伝えることが可能です。例えば、ブランドコンセプトや世界観などを紹介すれば、ユーザーからの好感度の向上や共感の獲得が期待できます。

優位性を示す目的

ブランドサイトの作成には、自社の商品やサービスの市場における優位性を示す目的もあります。他社の似たようなサービスに比べ、自社のサービスはどのような強みや特徴があるのかを示すことで差別化が図れます。似たような製品の中で売れていると示せれば、ユーザーから選ばれやすくなるでしょう。

・信頼性を獲得する目的

ユーザーの多くは、気になったものがあればすぐにインターネットで調べます。検索してブランドサイトがなければ、その時点でユーザーの興味が失われかねないでしょう。また、公式サイトがなければ不信感を招く恐れもあります。公式につくりこまれたブランドサイトがあれば、信頼感を得やすくなります。

1-2. ブランドサイトの主な役割

ブランドサイトの主な役割は、ブランドに関する豊富な情報を発信し、総合的なイメージを向上させることです。サイトでは、単に商品やサービスについて紹介するだけでなく、開発の背景にあるストーリーや開発者の思い、世界観なども伝えられます。

いつでも更新可能で情報量に制限がない強みを生かし、コンセプトに沿った発信を続けることで、ブランド固有のイメージの構築が可能です。ブランディングツールとして非常に有効と言えるでしょう。

こだわりを持ってブランドサイト設計を行うことで、訪れたユーザーがブランドに対してよい印象を持つ可能性が高くなります。同じ企業の別の商品やサービスのイメージ向上にも貢献するでしょう。

2. ブランドサイトとコーポレートサイトの違い

ブランドサイトとコーポレートサイトはどちらも企業が運営する点では同じですが、目的が異なります。

一般的に、コーポレートサイト(企業サイト)は顧客から求職者まで幅広いユーザーを対象とし、会社そのものを紹介するサイトです。情報の一端として扱う商品やサービスも紹介しますが、会社概要や事業内容、IR情報、採用情報といった企業全体の情報を提供します。

一方、ブランドサイトは主にブランドに興味を持ったユーザーを対象とし、商品やサービスを知ってもらうためのサイトです。特定の自社ブランドの商品やサービスを紹介し、認知度向上を図ったり購入につなげたりします。コンセプトにマッチしたサイトデザインやブランドカラーにすることが一般的です。

3. ブランドサイトをつくる手順・ポイントを解説!

ブランドサイトの構築は、ユーザー像を明確にするところから始まります。以下では、ブランドサイトをつくる手順・ポイントを解説します。

1. ユーザー像を明確化する

まずはどのような層を対象とするブランドなのかを考え、年齢や性別、ニーズなど、ユーザー像を細部まで明確に決めましょう。対象のユーザー像を細かく設定することで、響きやすい効果的なコンテンツを作成できるようになります。ユーザーが商材を認知してから理解し、購入に至る導線も設計しやすくなるでしょう。

2. 消費者行動を分析する

ユーザー像が明確になったら、ユーザーが商品やサービスを知ってから実際に購入・利用するまでにどのようなアクションを取るかを考えます。ユーザーが好みそうなコンテンツを掲載するだけでは、購入に誘導することは難しいでしょう。購入にいたるまでの行動プロセスを分析し、適切にマネジメントすることが重要です。

3. ブランドイメージを決める

ユーザーに伝えたいブランドの印象を考え、ブランドイメージを固めます。自社社員から意見を集めるだけでなく、市場調査も行って、既存のブランドイメージについても調べましょう。その上で、従来のイメージをどのように変化させるか、どのような情報をどのような形で発信するかをはっきりさせることが大切です。

4. デザイン・コンテンツを考案する

固めたブランドイメージに沿って、デザインやコンテンツの内容を決めましょう。イメージカラーやロゴ、発信内容などがブランドイメージに合っているか、一貫性のあるものになっているかに注意する必要があります。サイトがブランドイメージにマッチした統一感のあるデザインなら、ユーザーにどのようなブランドかを直感的に伝えることが可能です。

5. ブランドサイトを運用・管理する

ブランドサイトは、最初につくりこんで終わりではありません。継続的なサイト運営が必要です。情報発信を欠かさず続け、内容が古くならないようにこまめに更新することが必要です。ブランドサイトを開設してしばらくしたら、解析ツールを活用してサイトへのアクセス数やCV率、サイト上でのユーザーの行動などを分析しましょう。離脱率の高い場所があるといった課題を見つけ、改善に努めます。

4. ブランドサイトづくりに最低限必要なコンテンツとは?

ブランドサイトの構成や内容に決まりはないものの、最低限用意すべきコンテンツはあります。少なくとも、コンセプト・ストーリー・サービスや商品に関するコンテンツは用意しましょう。

ブランドコンセプトとは、そのブランドで何を提供するのか、どのような使命を果たすのかを表したものです。いわば、ブランド独自の価値を表したものと言えるでしょう。ブランドサイトにコンセプトコンテンツを掲載することで、ユーザーが共感し、ブランドに対する理解も深められます。好感を覚えるメッセージ内容であれば、新規ファンの獲得や顧客ロイヤリティの向上が期待できます。

ブランドや商品・サービスを身近に感じ、興味を持ってもらうためには、企業側の独自の物語を語ることも欠かせません。ブランドや商品・サービスが生まれた背景や開発者の思い、商品開発プロセスなどをストーリーに仕立てて伝えましょう。単にスペックを説明されるよりも商品やサービスのイメージがしやすく、ユーザーの印象に残りやすくなります。

ブランドコンセプトやストーリーをどれほどしっかりと語れても、サイトの核となる商品やサービスの紹介が不十分では、ブランドサイトとしての役割は果たせません。自社商材が持つ強みや特徴、購入することで得られるベネフィットなどを具体的に伝えるコンテンツを載せ、魅力を伝えることも大切です。

まとめ

ブランドサイトは、販売促進やブランドの認知度向上を図る目的でつくられるWebサイトです。ブランドサイトで自社のコンセプトに沿った発信を続けることで、ブランド固有のイメージの構築ができます。

ブランドサイトをつくる際は、ユーザー像を明確化した上で消費者行動を分析し、適切にマネジメントしましょう。ブランドイメージが固まったら、デザインやコンテンツの内容を決めます。ブランドサイトを効果的に運用するには、情報発信を継続的に行い課題の分析と改善を繰り返すことが重要です。

当サイトではみなさまに適した情報・サービスをご提供するために、プライバシーポリシーに基づいてCookieを利用しています。Cookieを通じて収集した行動履歴と個人情報を関連付ける場合があります。当サイトの閲覧を継続する場合はCookieへの同意をお願いいたします。

デザインの魅力が引き立つ!本当に伝わるキャッチコピーのつくり方