ブラックサンダー バレンタイン 2022

食品・菓子・飲料パッケージデザイン

有楽製菓株式会社 様 [IDA東京]

ブラックサンダーのブランド価値を、年に一度の特別なイベントを通じて楽しく伝える

プロジェクト概要

“青春時代”にフォーカスした『それもありでしょ?バレンタインBACK TO青春』というブラックサンダー2022年のバレンタイン企画。 【至高の生ブラックサンダー ザ・リッチキューブ】と【青春サンダー】の2品の期間限定チョコレートを発売することで「バレンタインを誰もが自由に楽しめる」ということをブラックサンダーブランドとして発信していくことを目的にしました。

高級品としての品質感とブランドらしさ

【至高の生ブラックサンダー ザ・リッチキューブ】は、年に一度のバレンタインデーに本当に美味しいチョコレートを食べたいと思う層に向けて、製法や原料、包装にこだわった本格チョコレートを提案。
ブラックサンダーのザクザク食感の層に洋酒入りの生チョコレートを載せた2層仕立てで、至高の味わいを楽しめるチョコレートです。
ちょっと良いバレンタインの贈り物として、これなら渡しても大丈夫!と安心できるくらいの贈答感を感じ、かつブラックサンダーの高級品としての堂々たる力強さを表現しました。背景には「SHIKOU」「SAIKOU」と韻を踏んだ英文字をデザインしており、高級といえどユーモアを忘れないブラックサンダーらしいデザインにしています。
商品説明書や個包装、紙袋までトータルでデザインさせていただきました。

一人一人の青春の記憶をくすぐるデザイン

【青春サンダー】は青色のチョコレートをコーティングし、中身には青春の味「甘酸っぱさ」を味わえるフリーズドライいちごやビスケットを配合した、見た目にも新しい限定品。
どんな人にも青春の原体験を思い出して「自由に」バレンタインを楽しんでもらうため、青春のワンシーンを想起させる、教室・部活・青空・黒板などのビジュアルやメッセージを散りばめました。
蓋を開けると、チョコレートの説明や青春を後押しするようなメッセージがデザインされています。

Project Member

デザインディレクター Naoko Asano(東京)
デザイナー Rina Ono(東京)
デザイナー Mio Ishida(東京)
アカウントプランナー Nozomi Kishimoto(東京)

当サイトではみなさまに適した情報・サービスをご提供するために、プライバシーポリシーに基づいてCookieを利用しています。Cookieを通じて収集した行動履歴と個人情報を関連付ける場合があります。当サイトの閲覧を継続する場合はCookieへの同意をお願いいたします。

デザイン制作事例から、デザイン表現のコツを学ぶセミナー (食品パッケージデザイン編)