ぱくぱくローラー ルーシー&マイケル 【2022 Pentawards Bronze受賞】

日用品パッケージデザイン

日本シール株式会社 様 [IDA大阪]

驚くほど毛が取れ、くり返し使い続けられるエコなお掃除道具を
猫好きのためのグッズとしてビジュアルチェンジ

プロジェクト概要

産業資材から車輌・内装材、エチケットブラシを製造されている日本シール株式会社様。
布製品を撫で、ホコリを吸着する「エチケットブラシ」の特許を1959年に取得され、その生地を活用した商品開発を20種類以上されています。その中でも既存商品カーペットクリーナー「ぱくぱくローラー」の価値をもっと多くの方に届けるため、特にネコちゃんワンちゃんのペットを飼われている方のお部屋掃除のお悩み解決ニーズに寄り添ったデザインを行いました。
市場背景として猫グッズブーム伸長もあり、日本シール様初の猫グッズアイテムとしてプロダクトデザイン・コンセプト・キービジュアルのデザインを制作しました。

思わず名前で呼びたくなる、お家に1匹、猫型お掃除グッズへ

ホコリや毛が綺麗に取れる半永久的に使えるエコなお掃除グッズ「ぱくぱくローラー」の機能面はそのまま、 商品アイテム自体に実際の猫種と性格を設定し、ペットで人気の名前からマッチするものを商品に名づけしています。
猫種を表現するカラーリングや模様、愛嬌ある表情とタッチ、個性を感じるネーミングでユーザーにより愛着を持ってもらえるよう飼い主視点でデザインしました。 お家のお掃除ペットとして、既にペットがいる方もペットを飼っていない猫ファンの方も掃除道具とは思えない可愛らしいデザインでお掃除が楽しくなる存在を目指しました。

web_pakupaku_roller_sub2

お掃除時間も楽しくなるような、猫好きの心くすぐる可愛らしさ

猫を飼ってらっしゃる方はもちろん、猫好きの方に気に入っていただき長く愛されるデザインを目指しました。
既存のお掃除しやすい形状を生かしながら、猫らしいフォルムやパーツをどう付加させていくか模索しました。蓋部分に三角耳の形状を追加し、持ち手の部分を尻尾に見立てることでシンプルながら猫らしさを表現しました。Web限定販売のため、ディスプレイ上でしっかり目に留まり、映えるデザインにしました。
キービジュアルでは「ヘイ、ルーシー!マイケル!」と猫ちゃんを呼んでいるようなシーンを描くことで掃除道具ではなく、掃除の相棒のような距離感や楽しさをプラスしています。いつ名前を呼ばれても大丈夫なようルーシーとマイケルもこちらを見てくれています。本体自体に2色のカラーを練り込みマーブル状に仕立て、リアルな毛並みを表現しているところもこだわりです。

web_pakupaku_roller_square1
2022 Pentawards Bronze
web_pakupaku_roller_square2
2022 Pentawards Bronze

2022 Pentawards でBronzeを受賞!

パッケージデザインにおいて、世界最高賞といわれる「Pentawards(ペントアワード)2022」のHOME, LEISURE & OTHER MARKETS部門でBronzeを受賞しました。
Pentawards(ペントアワード)は、2007年にベルギーで創立された、パッケージデザインに特化した世界で最も権威のあるデザインコンペティションです。発祥からわずか十数年で64ヶ国から20,000点を超える応募が集まり、2022年は、世界62か国のエントリー作品から、優れたパッケージデザインが選出されています。審査員においては、4大陸20か国から50人のメンバーで構成され、デザインの品質、ブランド表現、創造性と革新性、感情的なつながりに基づいて審査されています。

ルーシー・マイケルに続き、猫の仲間たちも続々登場しており、ネコちゃんに留まらずワンちゃんシリーズにも広がりを見せご好評いただいております。


2022 Pentawards (Bronze Award カテゴリ:HOME, LEISURE & OTHER MARKETS)
https://pentawards.com/directory/en/page/the-winners

Project Member

デザインディレクター Yukie Omori (大阪)
デザイナー Haruka Koresawa (岡山)
アカウントプランナー Natsumi Shimizu(大阪)

当サイトではみなさまに適した情報・サービスをご提供するために、プライバシーポリシーに基づいてCookieを利用しています。Cookieを通じて収集した行動履歴と個人情報を関連付ける場合があります。当サイトの閲覧を継続する場合はCookieへの同意をお願いいたします。

お問い合わせ

デザインの魅力が引き立つ!本当に伝わるキャッチコピーのつくり方