増田屋 ギフトショー 展示会ブースデザイン

店頭ディスプレイ・展示会デザイン

株式会社増田屋 様 [IDA東京]

特徴的な「炭商品」を印象づけるための展示会ブースデザイン

プロジェクト概要

「炭の新たな魅力を訴求し可能性を拡げたい」というお客さまのご要望からスタートしたプロジェクト。戦略顧客をホテル、旅館、雑貨卸と定め、ギフトショーでプロモーションすることに。

戦略として現代のライフスタイルに炭を取り入れるイメージの訴求をしていくために、実際の商品に触れてもらい、情報を提供しやすいブースづくりを目指しました。
商品については、パッケージから取り出したり、展示する商品を厳選し、すっきりした陳列にすることで、必要な情報がより伝わりやすいブースとなりました。

くぬぎ炭の認知度アップと炭雑貨の売り上げアップを目指して

「プラス炭で、考える」というコンセプトのもと、目的達成のためのブースづくりをしました。
その上で、STOP-HOLD-CLOSEのアクションを考慮したブースレイアウトと施策を実施しました。
通りすがりの来場者の目を引くアイキャッチとして中央展示台を設け、ブース内への誘導を意識して、全体的にすっきりとゆとりをもたせるようにしました。

Project Member

デザインディレクター Yusuke Taneichi (東京)
デザインコンサルタント Ryu Inoue (東京)

当サイトではみなさまに適した情報・サービスをご提供するために、プライバシーポリシーに基づいてCookieを利用しています。Cookieを通じて収集した行動履歴と個人情報を関連付ける場合があります。当サイトの閲覧を継続する場合はCookieへの同意をお願いいたします。

「求める人財」と自社をマッチさせる、「採用ブランディング」のはじめ方

パッケージデザインのデザイナーが話す クオリティを一段高めるポイント

業績につなげるための インナーブランディング実践方法