創業150年、「岡山の老舗醤油屋」リブランディング

企業ブランディング

キミセ醤油株式会社 様 [IDA岡山]

確かな志を持って醤油製造に向き合い続ける

プロジェクト概要

150年以上の歴史を誇るキミセ醤油株式会社様は、「美味しくて体に良いものをお客様にお安くお届けしたい」という信念で、岡山の地で大豆から醤油に至るまでのすべての工程を一貫して製造し販売を行っています。備前焼の大甕で醤油を調熟する独自の製法を取り入れ、 素材は古来からの良質の素材「五穀」を採用といった『古くて新しいもの』に着目しながら、こだわりの商品をつくり続けています。

企業ロゴのデザインからパンフレットまで、ブランドイメージを統一する

商品数が増える中で複雑になっていた社名と商品ブランド名について、社名を「キミセ醤油」、ブランド名を「五穀蔵」に整理しました。
企業ロゴマークをシンプルで潔い「カネキ」のデザインで制作するとともに、商品ブランドのごとに商品整理を行い、各種商品のパッケージデザイン、手提げ袋や包装紙のデザインから、段ボール箱、手ぬぐい、パンフレットのデザインまで、トータルでのリブランディングを行いました。

ロゴマーク
商品カタログ

ブランドの棲み分けをしつつ、全体の統ー感を醸成成果

最大の特徴である「備前焼大甕調熟」を訴求するキービジュアルを作成し、商品パッケージや段ボール、パンフレットや手ぬぐいなどの各種ツールに、ブランドを象徴するアイコンとしてデザインしました。
商品ラインナップごとにブランドの棲み分けを行い、識別性を保ちつつ、 キミセ醤油全体のブランドイメージ統ーを図りました。

Project Member

デザインディレクター Reiko Nishioka(岡山)
デザイナー Sayaka Watase (岡山) / Haruka Koresawa (岡山)

当サイトではみなさまに適した情報・サービスをご提供するために、プライバシーポリシーに基づいてCookieを利用しています。Cookieを通じて収集した行動履歴と個人情報を関連付ける場合があります。当サイトの閲覧を継続する場合はCookieへの同意をお願いいたします。

「求める人財」と自社をマッチさせる、「採用ブランディング」のはじめ方

パッケージデザインのデザイナーが話す クオリティを一段高めるポイント

業績につなげるための インナーブランディング実践方法