cajure(カジューレ) 化粧品パッケージデザイン

化粧品パッケージデザイン

日本ゼトック株式会社 様 [IDA東京]

臨場感をもたせたキービジュアルでブランドイメージを統一

プロジェクト概要

25種の野菜・果実由来成分を配合したスキンケアシリーズのカジューレ。 臨場感をもたせたキービジュアルでブランドイメージの統一を図りました。

ブランドロゴの「j」は植物の茎や根を、「・」はそこになる実を有機的にデザインしました。主成分の野菜・果実も線画にし、無駄なものは入っていないナチュラルな表現にしました。

ブランドコンセプトである「野菜と果実の生命カ・蓄える力でお肌も心も元気になるスキンケア」を、瑞々しさ ・透明感・躍動感のあるイメージで撮影し、ブランドのキービジュアルとして展開しました。 パッケージデザイン、店頭什器デザイン、POPデザイン、リーフレットデザインなど、一貫したデザインでブランドを表現しました。

Project Member

デザインディレクター Naoko Asano (東京)
デザインコンサルタント Ryu Inoue(東京)

当サイトではみなさまに適した情報・サービスをご提供するために、プライバシーポリシーに基づいてCookieを利用しています。Cookieを通じて収集した行動履歴と個人情報を関連付ける場合があります。当サイトの閲覧を継続する場合はCookieへの同意をお願いいたします。

「求める人財」と自社をマッチさせる、「採用ブランディング」のはじめ方

パッケージデザインのデザイナーが話す クオリティを一段高めるポイント

業績につなげるための インナーブランディング実践方法