2021.06.11
2022年度採用は終了しました。ご応募いただきありがとうございました。
INTERVIEW

自分が培ったデザインの力をもっと世の中に伝えたい

Aine Inoko

デザインディレクター / 東京支社 / 2008年入社

岡山本社、東京支社でデザイナーを経験し、多くの商品や企業のブランディングを担当。 ブランドマネージャーとして自社のブランド管理からセミナー講師まで、幅広くデザインを活用するデザインディレクター。

デザインのおもしろさにどんどん惹かれた

− アイディーエイという会社を選んだ理由を教えてもらえますか?

教育制度がしっかりしていて成長できそうな印象があり、バリバリ活躍している女性社員を間近に見て、私もこんな風に成長したいなと思ったのを覚えています。 当時、雑誌の制作会社からも内定をいただいていましたが、大学でデザインの専門的な勉強をしてこなかった私を「デザイナー」として採用してくれたご縁と、どっぷりデザインをできる環境に惹かれてアイディーエイを選びました。

− デザインの専門的な勉強をされずアイディーエイに入社したのですね。そうなった経緯がすごく気になります。

実は高校まではいわば体育会系と言われるタイプだったんですが、絵を描くのも好きでしたし、将来何をしたいかと考えた時に、「ものづくり」がしたいなと思い、大学進学へむけてデッサンなどを学び始めました。 しかし、芸大を目指すレベルまでは至らず、美術も学べる教育学部の大学に進学することに決めました。 大学に入学してからは幅広く美術を学び、最後の1年でデザインの専門領域を本格的に学びました。その中で「デザインのおもしろさ」にどんどん惹かれ、デザイナーとして面接を受けることに決めました。 入社前はMacもイラストレーターも使ったことない状況だったので、図書館で「イラストレーターの使い方」という本をものすごく読み込んで準備していたことを覚えています。(笑)

− では、「デザインが描ける人」という印象がありますが入社してから努力されたものなんですね。

自分ではそんな印象はないですが嬉しいです。(笑)入社当時はソフトの使い方を習得するところから始まり、とにかく見様見真似でパッケージを中心にデザインを描きまくっていきました。 当時の上司には入社前から支えてもらい、今振り返ると成長できる場をたくさんいただけていたことに感謝ですね。

「デザインで生きる」と決めた

− 入社してからどうやって成長してこられたかもう少しお聞きしても良いですか?

入社してから5年ほどは岡山本社で勤務していました。当時、和菓子メーカーの担当をさせていただいた経験が今に生きていると思います。和菓子の知識も少なく、ユーザー層についての理解も乏しかった中、たくさんのことを任せていただき、たくさん失敗しました。例えば、撮影の仕事では、現場で私がOKを出して会社に帰り上司に確認してもらうと「全然ダメ」と言われ、1日かけた仕事が撮り直しなんてこともありました。(笑) 今思えばなかなかできない任せられ方だったなと思いますが、責任を全うするという思いで踏ん張り、成長できた経験でした。

− そこからは東京にうつり、また成長する環境も変わったと。

そうですね、6年目に東京へ転勤しました。今もディレクターとして担当させていただいている日本ペットフード様の担当を東京に来てからすぐにさせていただき、一から市場の研究を徹底的にして、お客さまと一緒に悩み、苦労して商品をつくり上げる大変さと楽しさを感じられるようになりました。今ではお客さまの成果に繋がる仕事も増え、私自身ももちろんですが、ユーザーにも評価されるお仕事ができているのですごく良い関係を築くことができています。

また、最近では商品だけでなく、企業のブランディングにディレクターとして携わることが増えました。ちぼりチボン様やユニオンソース様のお仕事ではお客さまとあらゆる視点から密にお話しをすることが増え、インプットをする内容や量が大きく変わり、アウトプットの質も変わりました。 お客さまの伝えたいことを可視化することも「デザイン」だと思います。難解な内容を1つの図にしたら一気に話が前進した経験や、不安そうにデザインのご依頼をしてくれた方を一気に笑顔にできた経験など、日々デザインの力を間近で感じています。

− デザインが猪子さんにとって大きな存在になったのですね。

そうですね。もう「デザインに取り憑かれて生きていこう」と思っています。 以前から職人やアーティストなど「何かに取り憑かれている人」に憧れを持っていました。ただ取り憑かれるのを待っていてもできるものじゃないと思い、デザインで生きていくことを決めました。年齢として30歳を迎えたことも後押しになりましたが、「早くこれをやる、と決めた方が人生の中でそれを長くできる」と社長からアドバイスをいただいたこともあり、私の中で決心できました。

デザイナーとして身につけた力をさまざまな人へ伝えたい

− これからしたい「デザイン」はありますか?

例えば、商店街に昔からある古い布団屋さんとか、靴屋さんとか、お客さん入っていないけど大丈夫かな?でもすごくこだわった商品作りをしているお店なんだろうな、みたいな雰囲気のお店、ありますよね。そういう場所ってデザインの力でその隠れた魅力を輝かせられる可能性を秘めていると思うんです。 他にも、地方にあるあまり人が集まらないようなすごくマイナーな美術館を、ブランデイングで新しい場として蘇らせたい。後継者をつけたい。そんな思いもあります。 何かしらどこにも負けない強みや、取り憑かれるような強い魅力があるものは必ずデザインでその魅力をより強く活かすことができると思っているので、自分自身がその価値を見つける目も養っていきたいです。 せっかくここまで身につけたデザインのスキルなので、「良いもの」をデザインの力で「ちゃんとよく見せる」ことでWin-Winがつくれるようにしたいですね。

− そんな想いがたくさんの人に伝わってほしいですね。

そうですね。私がデザインをおもしろいと思ったきっかけが「デザインで解決できる課題がある」と感じたことでした。それがきっかけで私の人生も変わりました。 デザインが持つ価値を少しでも多くの方に伝えていきたい、と思っています。 セミナーや、学校の先生など、次世代のデザイナー達に影響を与えられるような存在になることも、今後、私のデザイナーとしての経験値を生かせる場になるのかなと思っています。

自分が培ったデザインの力をもっと世の中に伝えたい

Aine Inoko

デザインディレクター / 東京支社 / 2008年入社

アイディーエイのWebサイトをご覧いただきありがとうございます。みなさまにより良い情報をご提供できるよう、プライバシーポリシーに基づいたCookieの取得と利用に同意をお願いいたします