CHÉRICOT(シェリコット)商品ブランディング

第一衛材株式会社 様 [IDA岡山]

こだわりのオーガニックコットン。新商品ブランドをやさしい世界観で届ける。

プロジェクト概要

独自技術で開発されたオーガニックコットンを使った生理用品ブランド「CHÉRICOT(シェリコット)」の新規立ち上げプロジェクト。

女性へのやさしさにこだわり抜いた商品をユーザーに届けるためコンセプト設計・デザイン・販売促進まで一貫してサポートを行いました。

オーガニック市場で目を引く、柔らかく優しい世界観をもったブランドとして、発売前からファンの方ができ、応援していただける商品になりました。

女性へのやさしさを第一に、ユーザーに届けるためのブランディング

お客様目線で独自のものづくりにこだわる、第一衛材様の生理用品ブランドの新規立ち上げプロジェクト。
ユーザーの声に真摯に向き合い、長年の研究・開発から生まれた独自技術によって、女性の肌へのやさしさを追求した商品が誕生しました。

こだわりの商品を自社ブランドとして確立させるために、ブランドコンセプト設計・ロゴマークデザイン・パッケージデザイン・販売促進と一式でサポートし、アイディーエイの岡山本社でブランディングを行いました。

第一衛材様自身もブランド立ち上げが初の試みだったため、デザインのクオリティはもちろん、ブランドの根幹についても相談できるパートナーであることをご期待いただきました。

ユーザーに想いを伝えるためのコンセプト・ネーミング・ロゴマーク

今回のブランド戦略ではブルーオーシャンを狙いたいというご要望もあり、競合他社のブランドイメージやパッケージデザイン、価格、卸先をマトリクスで検証しました。他社商品をマトリクス上で複数の軸から見ることで、機能性だけでなく、コンセプトやデザイン性など、ブランド分析を通し根拠に基づく方向性の検討ができました。

また、ブランドのユーザーをペルソナとして「肌悩みがある女性」「オーガニックにこだわりのある女性」「生活を良くすることに興味がある女性」設定し、ブランドの方向性を検討していきました。

第一衛材様のプロジェクトメンバーに女性がいらっしゃらなかったこともあり、具体的なユーザー像が女性目線で策定できたことにもご納得いただけました

イメージマトリクス
ペルソナ設計

ペルソナとして設定したユーザーが魅力を感じるように、ブランドの価値・強みを整理して、コンセプトに落とし込んでいきました。

ブランドネーミングであるCHÉRICOT(シェリコット)はフランス語で「愛しい」を意味する「Chérie」 とブランドの特徴である「cotton」をかけ合わせており、想いが込められています。

ロゴマークではCHÉRICOT(シェリコット)がこだわり続けるオーガニックコットンが目印に、ふわふわしたシルエットの丸いフレームは、全ての女性たちを優しく包み込みたいという願いが込められています。

アースカラーの1つである茶色をロゴカラーにすることで、ナチュラルで温もりのある世界観を演出しています。

ロゴマーク
ブランドコンセプト

女性らしく優しいデザイントーン
オーガニックブランドの新しい世界観へ

オーガニックブランドの多くは素朴だったり削ぎ落とされていたり、女性らしいモチーフは少ない。でも肌悩みに悩む女性の中には、品質に気遣いつつ「かわいい」を楽しみたいと願っている人が多くいました。

オーガニックを楽しむ新しい世界観の一つとして、かわいくて信頼できるCHÉRICOT(シェリコット)をパッケージデザインで表現しました。

ラインナップとして、通常製品とBOXタイプを制作。中身はどちらも同等のものが入っているのでBOXタイプにどう付加価値をつけるのかを検討しました。結果、母から娘へのプレゼントにも使っていただけたり、トイレにそのまま置いてもインテリアに馴染むようなパッケージデザインを制作することができました。

また、今回のCHÉRICOT(シェリコット)はドラッグストア以外にもコスメ・雑貨店やオーガニックブランドのセレクトショップへの導入を目指して販売促進ツールも作成しました。
ブランドコンセプトや強みの発信をオンライン上で行い、販路の拡大を図りました。

ブランドの強みを発信するブランドサイト
Instagramでの世界観構築

ブランドサイトではコンセプトの世界観をオンライン上でも同様に発信するために、独自技術を用いた商品の機能性を丁寧に伝えています。また、展示会でのブランドお披露目と同時にInstagramも開設しました。展示会で興味を持ってもらったオーガニックファンに向けてブランドコンセプトや販売情報を発信しています。

Summary

総括

ブランド立ち上げ時からの目標であった、大手全国問屋の「東京堂」での取り扱い決定が決定するなど、ブランドとしてのポジションが確立しはじめています。 SNSやブログからも、徐々に認知が広がり始め早く○○県でも取り扱って欲しい!などの声も多くいただいている状況で、ブランディングの成果を今後も広げていくためサポートさせていただきます。

Project Member

デザインディレクター Haruka Koresawa (岡山)
デザイナー Haruka Koresawa (岡山) / Chiharu Kozuma (岡山) / Maiko Uemura (岡山) / Miho Morimoto (岡山)
アカウントプランナー Saki Kanegawa(福岡) / Megumi Kajifusa(岡山)
アカウントサポーター Shiori Nagasaki(岡山)

当サイトではみなさまに適した情報・サービスをご提供するために、プライバシーポリシーに基づいてCookieを利用しています。Cookieを通じて収集した行動履歴と個人情報を関連付ける場合があります。当サイトの閲覧を継続する場合はCookieへの同意をお願いいたします。

「求める人財」と自社をマッチさせる、「採用ブランディング」のはじめ方

パッケージデザインのデザイナーが話す クオリティを一段高めるポイント

業績につなげるための インナーブランディング実践方法