天山ぶどう

日本一大きい、一房10万円のぶどうを販売したい 野上ぶどう園 様

岡山の野上ぶどう園で栽培されている、1粒30gの最大級の 「天山ぶどう」。

市場にはほとんど出回らない幻の品種のぶどうで、栽培をはじめて14年目でようやく販売できる品質の物が出来上がりました。「野上ぶどう園の挑戦」をコンセプ卜に、1房15,000円の天山ぶどうの品質を訴求するために白を基調とし、高級感とインパクトのあるパッケージとパンフレットなどの販促物を制作。また、企画書作成や営業補助も行い、野上ぶどう園の天山ぶどうをトータルでプロデュースしました。2015年に京急百貨店外商販売、店頭販売を実施し完売しました。

「今の日本の農家は、おいしい、安全、安いのがよいという風潮がある。このままでは、農家は衰退すると感じました。そこで、誰も作ったことのない天山ぶどうを栽培し販売することで農業の活性化につなげていきたい」その想いをサポートすべく、プロジェクトはスタートしました。


魅力にせまり「天山ぶどうらしさ」を際立たせる 提案

1房15,000円の天山ぶどうの品質を訴求するために白を基調とし、高級感とインパクトのあるパッケージとパンフレットなどの販促物を制作しました。

1粒500円のぶどう盛況の上、完売 成果

百貨店さんの協力で、注文販売と店頭販売をすることができました。店頭販売では見事完売。直接お客さんに接し、天山ぶどうについての率直な感想や意見をたくさん聞くことができました。「正直、1粒500円のぶどうが売れると思っていなかった」百貨店の方にも驚かれました。

デザインディレクター:渡瀬 沙弥香
デザインコンサルタント:金川 咲紀

その他の事例

カテゴリから見る

ページの先頭へ