REPORT

中小企業を対象にしたブランディングに関する意識調査を実施しました

(インターネット調査/回答者:300名未満の中小企業に勤める男女220名:製造業・小売業・サービス業)

 

   

考え方

 

ABOUT BRADING

私たちの考えるブランディングとは、
個性〝らしさ〟を引き出し、新たな魅力を発信することです。

 

WORK FLOW

問題解決と目的達成のための
オリジナルサイクルに基づきプロジェクトを進行します。

 

  

実績検証を行うことで、
次のステップを見つけることや
アフターフォローにつながります。

ソリューションサイクル(SOLUTION CYCLE)は、アイディーエイが提唱するあらゆる問題解決や目的達成を行う際に基盤となる思考の仕組みです。その思考サイクルは、企業のビジョン達成、個人の自己実現まで広く応用することができます。

ソリューションサイクルの流れに沿って、「夢」をつくることから検証までを繰り返し実践することで、目的達成を行います。

  

事例

ブランディングに取り組まれた経営者さまの声をご紹介

 

01

100年続く
中小企業戦略づくり

有限会社おりた園 代表取締役 社長
折田信男 氏

鹿児島県の知覧にあるおりた園。おりた園独自の農法と味をおりた園ブランドとして伝達していくために、経営理念・経営ビジョンや価値を整理し、ブランドコンセプトを元にロゴマークやパッケージ、グラフィックデザイン、WEB、など各種ツールのイメージの統一を図った。現在では、販売促進のプロジェクトを進行している。

02

創業の想いが
ブランドを育てる

株式会社ちぼり 代表取締役 社長
新垣元治 氏

1946年の創業以来、贈答用焼き菓子生産のトップシェアを誇るメーカー。しかし、所有しているブランドの1つ、「ちぼりチボン」は、顧客に「ブランドの価値を伝えきれていない」ことが悩み。創業者の歴史や想いを元に、ブランド像を再構築した。リニューアルから4ヶ月で、検索数は2倍以上に伸びている。

03

ブランドを育てる視点は
効果を生むか?

有限会社まるみ麹本店 代表取締役 社長
山辺啓三 氏

岡山県の味噌・麹の製造会社のトータルブランディング。商品づくりへのこだわりを伝えるため、企業理念をパンフレットやパッケージ、WEBに統一して使用。高い品質に見合うビジュアルトーンで一新し、商品全体の格上げに成功した。ECサイトは3年で、リニューアル前の約2倍の売上を達成している。

01

デザイン思考で組織を考える

株式会社寿福産業 代表取締役 社長
寿福一隆 氏

鹿児島県に約50店舗(8業態)を展開する外食産業の企業。外食市場が苦戦する中、課題であった人件費(社員数950名)と自社工場の低稼働率を逆手にとったデザインコンサルティング。現状把握からデザイン戦略立案、決起集会に始まり、目標売上達成まで6ヶ月。さらに、新しい売上の柱となる物販事業の充実を目指す。

02

本当の消費者の声を聞けているか?

ジェクス株式会社 代表取締役 会長
辻正照 

「女の子たちが望む、女の子たちのためのアイテム」がコンセプト。メーカー、調査会社、IDAの3社でターゲットになる女の子を対象にもニター調査を行い、デザインを作成し、選定。今までになかったコンセプトやデザインが注目され、神戸コレクションでのブース出展や、Popteenやananなどの女性向け雑誌で取り上げられるようになった。

03

生産者のこだわりを伝えるためには?

野上ぶどう園
野上庄吾 氏

1粒30gの最大級の「天山ぶどう」。生産者の野上ぶどう園の想いや天山ぶどうの価値を訴求するためにパッケージ、パンフレットなどの販促物を制作。また、企画書作成や販売の補助も行い、関東の百貨店での販売が決定。その年の天山ぶどうはすべて完売となった。 

セミナー

2018.12.13

【開催】2019年1月29日/30日

【大阪】素早く美しいWeb更新がブランドを強くする

2018.11.08

【開催】2018年11月29日(木)

【岡山】商品ブランディング無料セミナー(終了)

2018.10.18

【開催】2018年10月24〜26日

CareTEX関西2018 出展します(終了)

2018.10.16

開催日時 2018年10月29日(月)15:00〜18:00

【岡山】採用×ブランディングセミナー(終了)
ページの先頭へ